【投資】SBISLの不動産バイヤーズローンファンド9号に出資しました


2016/06/11 18:08

ソーシャルレンディングの話です。 今週SBISLが募集した不動産バイヤーズローンファンド9号に出資しました。


案件の評価は8号と大体同じですが一応記事に残しておきます。



SBISL不動産バイヤーズローンファンド9号

案件の条件を簡単に書き出すと以下の通り


名称 SBISL不動産バイヤーズローンファンド9号
貸付金利 7.5%
出資者利回り 6.5%
手数料 1.0%
運用期間 12ヶ月
募集額 9億4000万円
担保 有(借手が所有する不動産への普通抵当権の設定)
保証 無し
担保評価額 11億8700万円


良い点

  • SBIの信用力がある
  • 利回りが高い

不安点

  • 担保余力がやや少ない
  • 抵当の順位が不明

安全性

■元本保全性

担保の評価額が11億8700万円、貸付が9億4000万円で、余力は約20%となっています。 普段7掛けを目安にしている管理人的には、余裕はやや少ないと見ます。


その上、1番抵当かは不明である事を考えれば、 出資するなら元本割れを覚悟する必要があるでしょう。


■金利

貸付金利は7.5%。 SBISLの案件では高めですので、やはりそれなりにリスクがあると判断します。


■運用期間

運用期間は12ヶ月。長期とも短期とも言えない長さです。


利回り

利回りは6.5%。SBISLの案件の中では高利回りであり、魅力的です。
手数料は1.0%。非常に安く好条件です。



まとめ

担保余力がやや少なく順位も不明であることから、リスクは若干高め。 しかし、利回りは(SBISLにしては)高く、リスク分は利回りに反映されていると考えれば バランスは取れていると見ます。



いつもは瞬殺のオーダーメイド型ですが、今回は募集額が多かった事もあり、記事を書いた時点(6/11 17:00)でもまだ募集中です。 まぁ、おそらく15日の償還日で満額埋まるでしょう。


ちなみに今回、募集開始から5分程度、金額の集まり具合を見てましたので書き残しておきます。 見ていた様子では、1分で1億、2分で2億、5分で約3億集まってました。 しかしその後伸びは鈍化し、6/10夜の時点で5億、6/11夕方現在で約6億です。


多分他のオーダーメイド型でも似たような推移になると思うので、募集額が3億以下なら数分で満額埋まり、 1億以下なら1秒を争うクリック合戦を勝ち抜かなければ出資できない事になります。 募集開始は平日なので1億以下だとサラリーマンの参戦は厳しいですね。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索