【投資】maneoの総額450億円突破記念ローンファンド(第4弾)に出資


2016/06/11 18:00

ソーシャルレンディングの話です。maneoの【第4弾】成立ローン総額450億円突破記念ローンファンドに出資しました。 久しぶりの出資ですね。ソーシャルレンディングは年度末付近は良い案件が出ない気がします。


この記事では、案件についての管理人個人的な評価を書いていきます。



【第4弾】成立ローン総額450億円突破記念ローンファンド

ファンドはBE社案件とC社案件のバスケットですが、BE社案件に絞って管理人の考えを書いていきます。


案件の条件を簡単に書き出すと以下の通り

名称 【事業者BE社向け第2弾】大分県 由布市エリア 不動産担保付きローンへの投資
貸付金利 12.0%
出資者利回り 8.5%
手数料 3.5%
運用期間 4ヶ月
募集額 1億円
担保 有り(当該不動産に対する第1順位の根抵当権登記)
保証 有り(担保提供者(法人)による連帯保証)
担保評価額 3億1000万円
備考 maneoでの返済実績有り


良い点

  • 利回りが高い
  • 担保余力が多い
  • 運用期間が短い

不安点

  • 特に無し

安全性

■元本保全性

担保の評価額が3億1000万円で貸付が1億万円なので、かなり余裕があります。 仮に貸し倒れしても、高確率で全額戻ってくるでしょう。


■金利

貸付金利12.0%はmaneoでは高い方です。 一般的に金利が高い程リスクは高くなりますので、出資者には知らされない危険が有るのかもしれません。


■運用期間

運用期間は4ヶ月。短期のため、長期よりは低リスクです。


利回り

利回りは8.5%。maneoの案件の中では高いです。
手数料は3.5%。貸付金利12%を考えると無難なところです。


まとめ

担保余力が多いことや、運用期間が短い点から安全性は高いと思います。 その上で利回りが高く、久々にキャンペーンらしい好条件案件でした。



ちなみに、BE社案件は以前もキャンペーン案件で出た事があります。 今回は、その時の貸付が完済されたタイミングでの再募集。「返済実績がある」と言えば良く聞こえますが、 高利貸しのソーシャルレンディングに何度も借りに来るのは何か裏事情があるのかな、とも思ったりします。


前回の募集はイマイチな案件との抱き合わせだったため見送りましたが、今回は実質BE社単独のため出資。 C社以外への出資も久しぶり。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索