【写真】熊野神社の大イチョウ+紅葉(山形県)


2016/01/16 23:55

タイトル(宮城県)

撮影日時: 2015/11/04
撮影場所: 山形県南陽市 熊野大社
使用カメラ: Canon PowerShot G1X Mark2


山形県の県指定天然記念物「熊野神社の大イチョウ」の紅葉写真です。 神社名は通常は「熊野大社」と言いますが、それは通称で正式名は熊野神社だそうです。


なお、本記事で掲載するのは山形県の大イチョウです。 福島県にも同名のイチョウがあり、知名度はそちらの方が上のようで紛らわしいためご注意下さい。



熊野大社には東根の大ケヤキの撮影後に訪問しました。 大木の紅葉という意味では同じジャンルですので、よければそちらもご覧下さい。 →東根の大ケヤキ+紅葉


熊野神社の大イチョウの詳細や場所は以下を参照願います。


以下、熊野神社の大イチョウの写真を掲載していきます。


熊野神社の大イチョウの写真

1
熊野神社の大イチョウ+紅葉(1)

大イチョウは熊野大社の入り口にあります。高さ30m、根周り7.7m、樹齢は推定850年。 紅葉の時期は大量の落ち葉で地面を黄色一色に染め上げます。 (訪問時は時期がやや早く、葉は散っていませんでした)


山形県のイチョウの大木の中では規模的には4番手程。しかし、観光地としてのアピールは積極的で知名度は高いです。 ちなみに、山形県のイチョウの大木では「山寺の大イチョウ」が規模的には一番手。 ただ、山寺の影に隠れて知名度は低いようです。


2
熊野神社の大イチョウ+紅葉(2)

アングルを変えて赤い紅葉と一緒に撮影。 イチョウの黄色、モミジの赤、杉(?)の緑、空の青が一緒に収められるこのアングルは結構良さげ。 この日は空の青色が濃く、紅葉とのコントラストが綺麗でした。


3
熊野神社の大イチョウ+紅葉(3)


4
熊野神社の大イチョウ+紅葉(4)

やはり青空を背景にした方が画になります。


5
熊野神社の大イチョウ+紅葉(5)

この時は紅葉には若干早く、黄緑色の葉が目立ちました。


6
熊野神社の大イチョウ+紅葉(6)


7
熊野神社の大イチョウ+紅葉(7)


8
熊野神社の大イチョウ+紅葉(8)


9
熊野神社の大イチョウ+紅葉(9)

大イチョウは熊野大社の御神木にもなっています。


10
熊野神社の大イチョウ+紅葉(10)

大イチョウの幹を撮影。


11
熊野神社の大イチョウ+紅葉(11)

大イチョウだけを写すならこのアングルが良さそう。 ただ、西向きのため、午後は逆光になります。写真撮影なら午前中がオススメ。


12
熊野神社の大イチョウ+紅葉(12)

最後にお気に入りのアングルから一枚。 このアングルは北向きのため、1日中順光で撮影できます。



熊野神社の大イチョウ その他の写真

13
熊野神社の大イチョウ(13)

↓説明看板から引用

> 山形県指定文化財(天然記念物の部)
> 熊野神社の大イチョウ

> 所在 南陽市宮内
> 指定 1956年11月24日
> 所有者 熊野神社

> 根回り7.7m、高さ約30m、銀杏としては県内でも有数の巨木である。樹齢は数百年に及ぶものと推定されている。 秋には葉が鮮やかな黄色に染まり、地域の風物詩となっている。 源 義家が3年の役のあとに、家臣の鎌倉権五郎影政に命じて植えさせたという伝説が残っている。

14
熊野神社の大イチョウ(14)

この辺りは「双松公園」として整備されています。 どうやら宮内六名木とやらが指定されている様子。大イチョウもその一角です。


15
熊野神社の大イチョウ(15)


16
熊野神社の大イチョウ(16)

結構適当に撮ったモミジの写真。 デジカメの小さい画面では分かりませんでしたが、 PCの大画面で見たら、パッと見はプロのスナップショットみたいな画になってました。


わざと逆光になるよう位置取りし、葉を透かしてモミジが明るく写るよう撮影しています。 こういう撮り方もアリですね。


17
熊野神社の大イチョウ(17)

熊野大社の鳥居。奥に見えるのが大イチョウです。 左右の家はおそらく商店。この日は平日のためか営業していませんでした。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索