【投資】maneoの冬のボーナスキャンペーンファンド(第3弾)に出資しました


2016/01/11 01:21

ソーシャルレンディングの話です。maneoの冬のボーナスキャンペーンローンファンド(第3弾)に出資しました。


この記事では、案件についての管理人個人的な評価を書いていきます。



【第3弾】冬のボーナスキャンペーンローンファンド

ファンドはC社案件とE社案件のバスケットですが、C社案件に絞って管理人の考えを書いていきます。


案件の条件を簡単に書き出すと以下の通り

名称 【第3弾】冬のボーナスキャンペーンローンファンド
貸付金利 8.5%
出資者利回り 8.0%
手数料 0.5%
運用期間 8ヶ月
募集額 4億8000万円
担保 有り(不動産事業者が取得する土地・建物)
保証 無し
担保評価額 5億円
備考 売約契約締結済


良い点

  • 利回りが高い
  • 運用期間が短い
  • 手数料が安い
  • 売約契約締結済

不安点

  • 担保余力がほとんど無い

安全性

■元本保全性

担保の評価額が5億で貸付が4億8000万円なので、余力がほとんどありません。 もし貸し倒れしたら高確率で元本割れするでしょう。


■金利

貸付金利8.5%はmaneoでは低い方です。 ただし、これはC社への貸付金利であり、C社が不動産事業者に何%で貸しているかは不明です。 金利からリスクを予測するのは不可能です。


■運用期間

運用期間は8ヶ月。短期なので長期よりは低リスクです。


利回り

利回りは8%。maneoの案件の中では非常に高いです。利回りは好条件。
手数料は0.5%。ぼったくりmaneoにしては珍しく大サービスの手数料です。


まとめ

担保余力がほとんど無いことから、貸し倒れした場合の元本割れリスクは高いでしょう。 しかし、それ以外は好条件であり、リスク分は金利に反映されていると考えれば、 全体的には高く評価できると思います。


管理人的には、1月の償還金額が早期償還も重なって多くなってしまったので 早めに待機資金を出資したい所もあって、丁度良かったです。


本当は15次募集まで全部埋まりそうと判断できるまで待ちたかったのですが、 10次募集から利回り5%の案件と抱き合わせになってしまったため、見切りで出資しました。 まぁ、多分1月12日の償還日で全部埋まるでしょう。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索