【投資】信金中央金庫(8421)から出資者優待が届きました


2015/11/29 00:43

信金中央金庫(8421) 出資者優待(1)

信金中央金庫(8421)から、出資者優待の「会津塗銘々皿と和フォーク2客組セット」が届きました(2015/9/25の権利日分)。 8421は株ではなく優先出資証券なので「株主優待」ではなく「優先出資者優待」と言います。


管理人が保有する銘柄の中で優待があるのはリベレステと信金中央金庫の2銘柄のみ。 リベレステの株主優待は以前記事にしましたので、今回は残りの1つとなります。


1
信金中央金庫 出資者優待(1)

一緒に入っていたメッセージカードと栞。 皿は電子レンジNGか。使い辛いなぁ・・・。


2
信金中央金庫 出資者優待(2)

栞の裏面。管理人は栞は使わない派ですが、折角なので活用させて頂きます。




なお、信金中央金庫の優待は保有口数によって異なり、2口以下ならオリジナルグッズ、3~9口は3000円相当のグルメカタログ、10口以上は6000円相当のグルメカタログとなります。 管理人の保有は2口なので、毎年オリジナルグッズが届きます。


3口購入することもできたのですが、グルメカタログよりオリジナルグッズの方が面白そうだったので2口に留めておいた経緯があります。 しかしこの会社、意外と「貰っても困るタイプのグッズ」ばかり送ってきやがります。


去年は箸、2年前は茶碗でした。 そんなん貰っても、食器なら間に合ってるし、長く使う物は自分の好きな物選びたいんです。 結局、両方とも知人に譲りました。


今回はどうしようかな・・・。誰かに譲るにも多分誰も要らないだろうし。 正直、優待いらないから全部配当にしてほしいんですけどね。



ちなみに、当然ながら信金中央金庫も配当目当てで買った銘柄です。 配当利回りはやや低めでしたが、相場の波乱に全く動じない鉄壁の値動きが魅力的でした。 日経平均が暴騰しても暴落してもこの銘柄は無風状態。 驚愕のマイペースっぷり。しかし、配当目当ての長期投資にはピッタリです。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索