【投資】SBISLの太陽光発電事業者ローンファンド1号は見送り


2015/07/26 01:07

ソーシャルレンディングの話です。


今週、SBIソーシャルレンディング太陽光発電事業者ローンファンドを募集する事を発表しました。 SBISLのオーダーメイド型ファンドの募集は半年ぶり。 また、太陽光案件はmaneoやクラウドバンクではよく見ますが、SBISLでは初となります。


この記事では、案件についての管理人個人的な評価を書いていきます。



SBISL太陽光発電事業者ローンファンド1号

案件の条件を簡単に書き出すと以下の通り


名称 SBISL太陽光発電事業者ローンファンド1号
貸付金利 6.0%
出資者利回り 4.5%
手数料 1.5%
運用期間 14ヶ月
募集額 5億100万円
担保 有(土地の地上権に対する第1順位での抵当権、及び本件太陽光発電事業者の発行済全株式に対する質権の設定。)
保証 有(本件太陽光発電事業者と本件親会社の連帯保証)
担保評価額 不明


良い点

  • SBIの信用力がある

不安点

  • 担保評価額が不明
  • 担保がアテになるのか不安

さて、この案件は担保が特殊で土地の「地上権」に抵当権を設定しています。 地上権とは、簡単に言うと土地を使用する権利のこと。 正直、担保能力が期待できるとは思えません。多分、5億の価値は無いでしょう。


しかもこの地上権、サービスの概要と投資のリスク・手数料についてを読むと以下のような文面があります。


> (1)本件親会社は、地上権対象土地について、当該土地の所有者との間で停止条件付売買契約(以下「本件売買契約」といいます。)を締結しているところ、本件売買契約に係る停止条件が成就しないこと等により本件売買契約の効力が生じない場合、又は本件売買契約が解除された場合には、本件太陽光発電事業者及び地上権対象土地の所有者間で締結される地上権設定契約も解除されることとなるため、弊社は、地上権対象土地について保全を図ることができないこと。なお、当該停止条件として、具体的には、地上権対象土地について、太陽光発電設備の設置・運営等に必要な許認可を取得すること等が定められており、当該停止条件が成就しない場合、特定の許認可の申請が受理されないことが明らかとなった場合、又は当初の事業計画に大幅な変更が生じることとなった場合には、本件売買契約の効力は生じないこととされています。また、本件売買契約の各当事者は、相手方が本件売買契約の各条項に違反した場合には、本件売買契約を解除することができるとされています。

要するに、事業者が当初の計画通り太陽光発電事業を開始できない場合、土地所有者は地上権設定契約を解除できる。 その結果、このファンドの担保は消滅する可能性がある、という事。 こりゃかなり不安になります。はたしてこの担保アテになんのかと。


株式への質権もアテになりません。そもそも、太陽光発電事業者の資本金がいくらか不明ですし、 子会社が資本金何億もあるとは期待できません。


そうなると頼みの綱は連帯保証。しかし、太陽光発電事業者も親会社も何の情報も無いので信頼性が判断できません。


残るは天下のSBI様の信用力のみ。 貸付金利は6%と低いため、SBISLは出資者の知り得ない情報を見た上で低リスクと判断したのかもしれません。


しかし、今開示されている情報では利回り4.5%は低すぎるように思います。 もし、自己資金が5億あるとか、太陽光発電事業者の純資産が10億あるとかの情報があれば話は別なのですが。


現状では必死こいて飛び付く案件ではないでしょう。オーダーメイド型では久々のハズレ案件。 管理人的には見送り確定です。 これなら同じSBISLの不動産担保ローン事業者ファンドに出資した方がマシ。



ところで、最近SBI証券のサイトにSBISLの広告が出てました。 この太陽光案件は募集額が多いですし、全額埋まるまで時間がかかると予想します。 もしかすると、広告を見て入ってきた人向けに出した案件なのかも。2~6%の利回り謳ってるのに案件が無いでは格好が付きませんし。




追記(2015/08/01)

「SBI 太陽光発電」で検索したら、SBI証券とSBIマネープラザが、今年2月に太陽光発電ファンドを募集していた事が分かりました。 こんなんやってたんですね。全く気付きませんでした。


もしかすると、SBISLの太陽光事業者ローンファンドはSBIグループの太陽光発電事業のための資金集めなのかもしれません。 そうすると借り手はSBIの子会社(又は子会社のSPC)の可能性が高いです。 それなら出資する価値はあるのですが、まずこの推測には何の根拠も確証もありません。


やはり、もっと情報公開してほしいです。現状では見送りの判断に変更はありません。



関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索