【投資】maneoの不動産担保付きローンファンド105号に出資しました


2015/07/12 10:00

ソーシャルレンディングの話です。今週募集していたmaneoの不動産担保付きローンファンド105号に出資しました。


この記事では、案件についての管理人個人的な評価を書いていきます。



不動産担保付きローンファンド105号

ファンドはAK社案件とC社案件のバスケットですが、AK社案件に絞って管理人の考えを書いていきます。



案件の条件を簡単に書き出すと以下の通り

名称 ☆成立総額300億円突破記念☆【事業者AK社向け 第1弾】不動産担保付きローンへの投資
貸付金利 10.0%
出資者利回り 8.0%
手数料 2.0%
運用期間 6ヶ月
募集額 8億円
担保 有(土地建物に対し、第1順位の根抵当権仮登記)
保証 有(上場企業の連帯保証)
担保評価額 13億7000万円(不動産鑑定評価)


良い点

  • 元本保全性が高い
  • 運用期間が短い
  • 利回りが高い
  • 手数料が安い

不安点

  • 大きな不安点は無し(見えている条件の限りでは)

成立総額300億円突破の記念案件です。記念案件である事を考えても破格の好条件。 文句の付け所がありません。


ただ、maneoの記念案件は早期償還される事が多く、200億円の時の記念案件も10ヶ月運用の予定が3ヶ月で早期償還されています。 今回もおそらく2~3ヶ月ぐらいで早期償還されるでしょう。 利回り8%でも配当の絶対額はかなり少なくなりそうです。



それより、今回気になったのはAK社は何者なのか、という点。 上場企業のSPCなら信用力もあるし、わざわざソーシャルレンディングなんて胡散臭い所から借りないかと思います。


ところで、最近maneoと提携してソーシャルレンディングサービスを立ち上げ、 それを使って不動産の取得費用を集めようとしている上場企業がありますね。 ・・・ま、何の確証もありませんけど。単なる妄想でした。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索