【写真】田代島(通称:猫島)(宮城県)


2015/04/19 21:07

田代島 通称:猫島(宮城県)

撮影日時: 2014/11/15
撮影場所: 宮城県石巻市 田代島
使用カメラ: Canon PowerShot G1X Mark2


宮城県の離島「田代島」で撮影した猫の写真です。 田代島は島民より猫の方が多く、猫の島とも呼ばれます。


田代島の詳細やアクセス方法は以下サイトを参照


以下、猫の写真を掲載していきます。


田代島の猫の写真

1
田代島(猫島)(1)


2
田代島(猫島)(2)


3
田代島(猫島)(3)


4
田代島(猫島)(4)


5
田代島(猫島)(5)


6
田代島(猫島)(6)


7
田代島(猫島)(7)


8
田代島(猫島)(8)

商店前の階段。ここにはよく猫が集まっています。


9
田代島(猫島)(9)


10
田代島(猫島)(10)


11
田代島(猫島)(11)


12
田代島(猫島)(12)


13
田代島(猫島)(13)


14
田代島(猫島)(14)


15
田代島(猫島)(15)


16
田代島(猫島)(16)


17
田代島(猫島)(17)


18
田代島(猫島)(18)


19
田代島(猫島)(19)


20
田代島(猫島)(20)


21
田代島(猫島)(21)


22
田代島(猫島)(22)

野生の動物ってのはなかなかこっちを見てくれないので写真撮り難いです。 しかし、田代島の猫はガサガサ音に興味を示すようなので、 この時はえびせんを振った音でおびき寄せて撮影していました。


なお、えびせんはカモメの餌用に持ってきたもので、猫には与えてません。


23
田代島(猫島)(23)


24
田代島(猫島)(24)


25
田代島(猫島)(25)


26
田代島(猫島)(26)



猫以外の写真は以下の記事で掲載しています。

【写真】田代島(通称:猫島) 猫以外の写真


田代島訪問の注意点

田代島は一応観光地らしい事もやっているのですが 観光地として整備はされていないので覚悟して訪れる必要があります。


管理人も初回訪問時は結構苦労しました。 ここでは情報として、注意した方が良い点を書いておきます。


田代島へのアクセス

田代島の訪問には定期船(網地島ライン)を使います。 ただし、1日3往復しか無いので事前によく調べておきましょう。 大抵は12時の船で田代島に行って、15時半の船で石巻に帰って来る事になります。 ちなみに、15時半が最終便なので、それを逃すと島で野宿になります。


トイレの場所

以前は公衆トイレがあったらしいのですが、津波で破壊されてしまったため、 現在は仮設トイレが設置されています。


仁斗田の街中で2箇所見つけましたので、島内を歩き回る場合はここで済ませた方が良いでしょう。


休憩所

仁斗田港の待合所で休憩できます。ただし、コンテナのような小屋で5人くらいしか入れません。 他には田代島開発総合センターが休憩所にされていますが、必ず開いている訳ではないのでアテにしない方が良いです。


冬場は寒さをしのぐ場所が無いので完全装備で行きましょう。


飲み物、食べ物

飲み物、食べ物は原則持参です。 仁斗田に商店が1件ありますが、島民のための商店なので買い物は避けた方が良いでしょう。 お昼ご飯は移動中に船内で食べるのが無難です。


猫への餌やりは禁止

書くまでもないかもしれませんが、猫への餌やりは禁止です。 猫の餌やりは島民の方が定期的行っているので心配無いとの事。


カモメの餌やりは特に言及されていないので、かっぱえびせんぐらいは持って行っても良いかもしれません。 カモメは船の移動中に飛んで来ます。ただ、必ずいる訳ではないです。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索