【レビュー】Canon PowerShot G1X Mark3


2019/01/19 19:13

1
Canon PowerShot G1X Mark3(1)

キヤノンの高級コンデジ「Canon PowerShot G1X Mark3」のレビューです。 当ブログのメインカメラG1X Mark2の後継機種です。 G1X Mark2も4年使ってそろそろ陳腐化してきたので、後継機に乗り換えてみました。


購入したのは2018年夏頃で、既に半年使ってます。 余談ですが、Mark2は故障が多かったため今回は延長保証(5年)つけておきました。 価格は保証料込みで約10万円。アクセサリー入れると13万円ほどでした。



G1X Mark3はAPS-Cサイズのセンサーを搭載し、ミラーレス一眼レベルの性能を備えながらも、コンデジのコンパクトさを維持したハイエンドデジカメ。 現時点のコンデジでは、APS-Cセンサーで光学ズームがあるカメラはG1X Mark3のみです。


その他、詳しいスペックはメーカーサイトを参照願います。


外観

2
Canon PowerShot G1X Mark3(2)

正面の比較(左:Mark2、右:Mark3)。縦と横のサイズはほとんど差は無いです。 むしろMark3の方が頭の出っ張り分大きいです。出っ張り部分にファインダーが付いてます。


この頭の出っ張り、最初は「ダサいなー」と思ってましたが、何度も見てたら気にならなくなりました。 まぁ、欲を言えば平坦にしてほしかったですが。


3
Canon PowerShot G1X Mark3(3)

上面の比較(左:Mark2、右:Mark3)。サイズで最も差が出たのは「厚さ」。 Mark3になって1.5cm薄くなっています。この1.5cmで携帯性はかなり上がりました。 コート等の大きめのポケットなら何とか入るサイズです。


4
Canon PowerShot G1X Mark3(4)

とは言え、管理人はフードを付けてるので厚さは結果的にMark2と同じぐらいになっています。 ただ、フードを付ける余裕ができたという点は良かったです。 Mark2はフィルタとフードの同時使用ができませんでしたし。



明るい場所での作例

作例はMark2とMark3での比較も用意しています。 写真の下に使用カメラを記載しました。なお、特に記載が無ければMark3の写真です。


作例はFC2ブログのサイズ制限の関係でリサイズしております。なるべく原寸大でアップロードしたかったのですが残念。 また、人の顔や車のナンバーはぼかしを入れてます。それ以外は編集無しです。

5
Canon PowerShot G1X Mark3(5)
G1X Mark2


6
Canon PowerShot G1X Mark3(6)
G1X Mark3

撮影場所は笹谷峠(宮城県)。当ブログでも何度も記事にしている場所です。 今年は作例比較の準備のために訪問。道が悪いのであまり行きたくない場所ですが、何だかんだで毎年行ってます。


Mark3の方は、新機能「オートライティングオプティマイザ」と「ピクチャースタイル」を使ってます。 オートライティングオプティマイザはコントラストと明るさを自動調整する機能。 ピクチャースタイルは色合いやコントラストをシーンに合わせて調整する機能。


作例で言うと、紅葉部分がオートライティングオプティマイザで明るく調整され、 ピクチャースタイルの効果で色鮮やかでコントラストが高くなっています。 ピクチャースタイルは「風景」を使用。彩度とコントラストを高めに調整する設定です。


そういう画像処理能力の向上やセンサーサイズの大型化もあって、明るい場所での画質は格段に良くなりました。 画素数もMark2の約2倍になり、より細かい部分まで描写可能。 日中の風景撮影ではAPS-Cサイズのミラーレス機と肩を並べるレベルになっています。


7
Canon PowerShot G1X Mark3(7)

撮影場所:厳島(広島県)


2018年は旅行が多かったので作例も豊富です。 Mark3で改善した点に「雲が白飛びし難い」ってのもあります。 Mark2ではすぐに白飛びするので明るさ調整に結構悩まされました。センサーサイズと画像処理能力の賜物。


逆光時の作例

8
Canon PowerShot G1X Mark3(8)
G1X Mark2


9
Canon PowerShot G1X Mark3(9)
G1X Mark3

上でも触れた「白飛びし難さ」ですが、逆光時も効いてます。 作例でもMark3はMark2より空の白飛びが軽減されています。


10
Canon PowerShot G1X Mark3(10)

撮影場所:神威岬(北海道)


逆光ではHDR(ハイダイナミックレンジ)モードが有効。 Mark2では思ったような写真にならず出番が全く無かったモードですが、 Mark3では使えるレベルになってます。


接写の作例

11
Canon PowerShot G1X Mark3(11)
G1X Mark2


12
Canon PowerShot G1X Mark3(12)
G1X Mark3

笹谷峠で適当なモデルを選んで撮影。ほぼ同じ条件で撮影しています。 (焦点距離、絞りは同じ。対象までの距離はほぼ同じ)


同条件でボケ量を比較すると、当然ながらセンサーサイズで勝るMark3が上です。 しかし、Mark2の方がレンズの明るさ、ズーム倍率、最短撮影距離で勝ってますし、 半年使った感じでも総合的にはMark2が有利な気がします。


13
Canon PowerShot G1X Mark3(13)

撮影場所:三本木ひまわりの丘(宮城県)


Mark2が有利とは言っても、Mark3の接写性能も十分。 接写メインでなければ気にする程の差ではないかと思います。


暗い場所の作例

14
Canon PowerShot G1X Mark3(14)

Mark3とMark2の高感度撮影比較。絞りとISO感度は両機種同じに合わせて撮影しています。 ただ、画像サイズ合わせのためにMark3の方は縮小しています。Mark2は原寸大です。


作ってはみたものの、差がわかりませんね。 むしろMark2の方が良く見える気がします。やり方がマズかったかな。。。 半年使った感じでは、Mark3になって特別良くなったとは感じませんでした。


15
Canon PowerShot G1X Mark3(15)

オマケでMark3のISO 25600の写真も掲載。Mark2はISO 12800が上限です。 さすがにここまでの感度は使いません。普段使うのは精々3200までです。


16
Canon PowerShot G1X Mark3(16)

撮影場所:道後温泉(愛媛県)


ISO 1600。ここまでは余裕で使えるレベルです。


17
Canon PowerShot G1X Mark3(17)

撮影場所:小樽運河(北海道)


ISO 10000。ここまで来るとノイズが目立ちます。 常用には3200以下がオススメ。


その他作例


スローシャッター

18
Canon PowerShot G1X Mark3(18)

撮影場所:秋保大滝(宮城県)


Mark3でもスローシャッターはバッチリです。 内蔵NDフィルタもMark2から引き続き搭載されております。 ちなみに、Mark3のNDフィルタは自動でON/OFFされます(手動切り替えも可)。


望遠

19
Canon PowerShot G1X Mark3(19)

Mark2から明確に劣化した部分と言えば「ズーム倍率」。 Mark2の5倍(換算120mm)から、Mark3では3倍(換算72mm)になりました。 実際は画素数の増加もあるので、トリミングすれば実質的に同等になります。でも、やはり物足りないです。


作例は旅先で見かけたネコを最大ズームで撮影したもの。 画になる景色にいたので思わず撮影したのですが、本当はもう少しズームして猫を大きく写したかったです。


ズーム倍率が影響するシーンは動物の撮影や、スポーツやお祭り等のイベントでの撮影です。 それらがメインの人には致命的かも。 ただ、風景撮影なら3倍あればほとんど十分です。管理人は風景メインなのでまず問題ありません。


アクセサリー

20
Canon PowerShot G1X Mark3(20)

G1X Mark3を買うにあたって、合わせて揃えたアクセサリー類。 買った物の一覧は以下になります。

  • 1. レンズプロテクター
  • 2. カメラケース
  • 3. 偏光フィルタ
  • 4. レンズフード
  • 5. ストラップ
  • 6. 予備バッテリー
  • 7. SDカード
  • 8. 液晶保護フィルム

この中で、1~6まで紹介していきます。SDカードと液晶保護フィルムは無難すぎるので割愛。


レンズプロテクター

21
Canon PowerShot G1X Mark3(21)

マルミ光機 EXUS レンズプロテクトを購入。 カメラに付けっ放しにしています。 なお、G1X Mark3は経37mmのネジ穴が切ってありますが、公式にはフィルター非推奨になっています。取りつけは自己責任で。


レンズプロテクターの中では高価なものを選択しました。 値段は、2019/1/19時点ではkakaku.comの最安値で3,654円。 反射率0.3%で帯電防止・撥水・防汚機能があります。反射率は安物だと1.5%とかあるので、0.3%はかなり低いです。


カメラケース

22
Canon PowerShot G1X Mark3(22)

エツミ ヌーボー ナタリーを購入。 コンパクトながら厚みのあるカメラに適したケースです。ケースは他にも選択肢はあるのですが、ほとんどマジックテープなんです。 場所によってはバリバリ音が恥ずかしいのでジッパー式の方を買いました。


値段は、2019/1/19時点ではkakaku.comの最安値で1,354円。


23
Canon PowerShot G1X Mark3(23)

フード付けっ放しでも入ります。 ちなみに、G1X Mark2のケースもこれの色違いを使ってます。


偏光フィルタ

24
Canon PowerShot G1X Mark3(24)

マルミ光機 EXUS サーキュラーP.Lを購入。 Mark2でも同じ物を使っています。風景撮影では偏光フィルタは大活躍なので、高性能モデルを選択しました。


この製品の良い所は高透過偏光膜を採用していること。 高透過ではない偏光フィルタに比べ、約1.0EV(露出補正1段分)明るいです。 通常の撮影なら明るいに越したことはないです。絞りの選択肢も広がるし。


値段は、2019/1/19時点ではkakaku.comの最安値で8,100円。 今回買ったアクセサリーの中では最も高価です。しかし、風景撮影ではそれ以上の価値を発揮してくれるので惜しくはないです。


なお、プロテクターとの2枚付けだとケラレるので、偏光フィルタ使うときはプロテクターと入れ替えて使っています。


レンズフード

25
Canon PowerShot G1X Mark3(25)

Good Product 広角レンズ用 薄型 メタルレンズフードを購入。


最近はレンズのコーディング性能が上がっていることもあって、フードは効果が少なくなっています。 が、余計な光をカットする効果の他にも、雨の日に傘の役割になるという効果もあるので付けるに越した事はないです。


純正のフードは高いのでAmazonで安く売っている汎用品を選びました。値段は2019/1/19時点で930円。 このフードは根元が膨らんでいて、先っぽほどすぼむ形になっているタイプ。 その形状のせいで、カメラを床に置くとフードの膨らんでいる部分が床に当たります。それが気に入らなかったので2つ目を購入。


26
Canon PowerShot G1X Mark3(26)

で、買ったのがこれ。 SIOTIメタルレンズフード+クリーニングクロス+レンズキャップ。 値段は2019/1/19時点で999円。フード部分は直線形なので床に当たりません。普段はこっちを使っております。 ちなみに、プロテクターに重ねて付けてもケラレはギリギリ出ません。


なお、どちらのフードも先端に経58mmのネジ穴が切られています。 元々キャップを付けるためのものですが、58mmと言えばG1X Mark2のフィルター経と同じ。 という事は、Mark2で使っていたフィルターが使い回しできます。


・・・と言っても、さすがに広角ではケラレますけどね。 デメリット無しで使えるのはクローズアップレンズぐらいです。


ストラップ

27
Canon PowerShot G1X Mark3(27)

ストラップはソニー リストストラップを購入。 カメラはキヤノンなのに、ストラップはソニーです。 G1X Mark3には標準でネックストラップが同梱されていますが、個人的にはハンドストラップ派なので別途買ってきました。


G1X Mark3はストラップ穴が小さい(5mm)ので適合する物が意外と少なかったです。 候補の中から一番しっかりしてそうなものを選びました。値段は2019/1/19時点のAmazonで1,782円。


予備バッテリー

28
Canon PowerShot G1X Mark3(28)

Powerextra キャノン NB-13L 純正互換バッテリーを購入。 予備バッテリーはお守りに1つは持っておきたいところ。 おそらくほとんど出番は無いので安い互換品を買っておきました。値段は2019/1/19時点のAmazonで1,999円。


まとめ

G1X Mark3はMark2と比べると、風景撮影を強化し、それ以外は現状維持した印象。 ただ、現状維持と言ってもMark2は様々なシーンを高レベルでこなす機種でしたし、 Mark3もコンデジの土俵では万能に活躍できるカメラです。


画質をまとめて言うと「風景撮影はAPS-Cミラーレス並、それ以外は高級コンデジ並」。 ・・・という感じ。


サイズもコンパクトになって持ち運びやすいですし、旅行のお供には最適なカメラだと思います。 Mark2と違って見た目 コンデジなので、どこで使っても目立たないのが良いです。



という事で、今後のメインカメラはG1X Mark3になります。 ただし、Mark2のストックがまだ大量にあるので、Mark3の写真記事は3ヶ月ぐらい先になりそうです。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索