【投資】ソーシャルレンディングの2案件に出資しました


2015/01/18 17:54

【投資】ソーシャルレンディングの2案件に出資しました

今週、ソーシャルレンディングの2案件に出資しました。出資したのは以下の案件。


この記事では、出資した理由等を書いていきます。


SBISL不動産ディベロッパーズローンファンド1号

SBISL久々のオーダーメイド型ファンドです。条件を簡単に書き出すと以下の通り。


出資者利回り 5.0%
手数料 1.5%
運用期間 19ヶ月
募集額 297,800,000円
担保 有(借手が所有する不動産への第1順位での普通抵当権の設定)
担保評価額 386,700,000円(※Loan to Value 77.01%)

良い点

  • 天下のSBI様の信用力がある
  • 高利回り(SBISLの他案件と比較して)
  • 複数への貸付のため、ある程度リスク分散が利いている

悪い点

  • 運用期間が長い
  • 担保はどういう不動産なのか不明
  • 担保の場所が不明
  • 担保評価額の信憑性が不明
  • 借り手が出資金でどういう商売をするのか不明(一応書いてあるけど大雑把すぎ)

正直なところ、条件はあまり良くないと思いました。不明な点が多すぎます。これではクラウドバンクの不動産担保ローンファンドと大差ありません。 しかも、その上で期間19ヶ月。クラウドバンクの6ヶ月物の方がマシなんじゃないかと。


ただ個人的に、SBISLには去年9月に口座を開設したものの1回も出資しておらず、出資案件がmaneoに集中している状況でした。 事業者分散のため、そろそろSBISLの不動産担保ローン事業者ファンドに出資しようと思ってた所にこのファンドの募集があったため、飛び付きました。


不動産担保ローン事業者ファンドもどうせ担保の種類も場所も不明、借り手の商売も不明な点は同じなので、 それなら利回りが高い方が良いだろうという事での出資判断です。 期間が長いリスクは利回りに反映されてるのでまぁ良いでしょう。


SBISLは今後このような好利回りのファンドを順次募集開始する予定との事(SBISLからのメールより)。 俺のソーシャルレンディングの投資方針ではSBISLをメインの出資先にしていますので、今後も是非よろしくお願いしたい所です。


【投資会社E社向け】ヘルスケア土地購入資金ローンへの投資(maneo)

maneoの案件。出資したのは5次募集(最終募集)です。 出資スピードが鈍かったため、更に好条件な案件を狙ってギリギリまで保留してました。


条件を簡単に書き出すと以下の通り。


貸付金利 6.5%
出資者利回り 5.5%
手数料 1.0%
運用期間 16ヶ月
募集額 165,000,000円(総額)
担保 有(事業者Eが取得した北海道札幌市中央区の土地。第1順位の抵当権(仮登記))
担保評価額 182,900,000円(タス評価)

良い点

  • 担保不動産の大まかな場所が分かる
  • 担保不動産の評価額が出資者側で検証可能(俺はそこまでやってないけど…)
  • 貸付金利がmaneo案件の中で最低クラス。貸し倒れリスクは低いと予想。
  • 手数料がmaneo案件の中では圧倒的に安い
  • E社はmaneoで約4億円の完済実績がある

悪い点

  • 担保不動産の場所が札幌という僻地。(個人的に)返済額以上の値段で売却できるのか不安がある。
  • 運用期間がやや長め

maneoの案件の中ではかなりの優良案件だと思います。 運用期間が長いですが、E社は過去に24ヶ月運用の予定だった案件を7ヶ月で完済していますので、今回も早期返済を期待しています。


単純に条件が良かったため、この案件への出資を決定しました。 あと、過去に出資していた案件が今月償還を迎えてお金が余っていた事もありますけどね。 こういう好条件案件はmaneoでは1~2ヶ月に1件程度しか出ないので、多少不安要素があっても確保して行きたいです。


maneoもこういう良心的な案件ばかりだと良いんですが、 実際は金利の半分以上を手数料で持って行く「ぼったくり案件」だらけです。 そういうぼったくり案件でも即満額成立してしまう現状を見てると、ソーシャルレンディングもそろそろ危ないのかな?って気分になったりもします。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索