【写真】草岡の大明神桜(山形県)


2016/07/24 22:08

草岡の大明神桜(山形県)

撮影日時: 2016/04/20 12:30~13:00
撮影場所: 山形県長井市草岡694 草岡の大明神桜周辺
使用カメラ: Canon PowerShot G1X Mark2


山形県にある一本桜、国指定天然記念物「草岡の大明神桜」の写真です。 樹齢・規模共に国内トップクラスで、県内の一本桜では伊佐沢の久保桜と双璧を成す巨木。 しかし、個人宅の敷地内にあるためか観光地としてのアピールはあまり積極的ではありません。


草岡の大明神桜の詳細や場所は以下を参照願います。


以下、草岡の大明神桜の写真を掲載していきます。


草岡の大明神桜の写真

1
草岡の大明神桜(1)

草岡の大明神桜は樹齢約1200年、樹高18.8m、幹周10.9m、品種はエドヒガン桜。 平成17年に国の天然記念物に指定されています。 東北一の知名度を誇る「三春の滝桜」より樹齢も規模も上です。さすが大木の宝庫山形。


また、樹齢1200年という老木ながら幹や枝の損傷は少なく、樹勢も旺盛。 今後更に樹齢を重ねていく事でしょう。


2
草岡の大明神桜(2)

売店説明看板がある広場。 奥に見えるのが大明神桜。


3
草岡の大明神桜(3)

南側(広場)から撮影。扇状に枝を広げています。 南側は桜まで結構距離があったり、他の樹木が邪魔だったりするので鑑賞は西側か北側になります。 写真撮影なら午後がオススメ。


4
草岡の大明神桜(4)

西側から撮影。桜は個人宅の裏庭に植えられており、所有者の好意で公開されています。 鑑賞はマナーを守って行いましょう。


5
草岡の大明神桜(5)


6
草岡の大明神桜(6)


7
草岡の大明神桜(7)

接近すると樹がフレームに入りきらなくなるのでワイドコンバージョンレンズ出動。


8
草岡の大明神桜(8)


9
草岡の大明神桜(9)

幹は空洞化しています。



草岡の大明神桜 その他写真

10
草岡の大明神桜(10)

↓説明看板から引用

草岡の大明神ザクラ
>  朝日山系の裾野に生育するエドヒガンの巨木で、幹周りは10.91メートルを測り、人里に植栽された単幹の桜としては幹の太さが国内最大であり、学術的に価値が高い巨樹である。主幹は空洞化しているが、樹体は発達した不定根で維持され、樹幹が更新している典型としても価値がある。

後は観光情報サイトに同じような事が書いてあります。


11
草岡の大明神桜(11)

かの伊達政宗が、敗戦の後にこの桜に身を隠し生き延びたという伝説があるそうです。


12
草岡の大明神桜(12)

大明神桜が3大桜を抑えて堂々の2位! 何のランキングかと思ったら「幹周りランキング」でした。


13
草岡の大明神桜(13)

大明神桜の周辺地図。


14
草岡の大明神桜(14)

桜の近くにはちょっとした売店もあります。 また、駐車場には仮設トイレも設置されていました。


15
草岡の大明神桜(15)

大明神桜2世木。初代がこんな元気じゃ、世代交代は何百年後になる事やら。


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

記事検索